ロータリークラブとは

ロ一タリーの誕生とその成長

1905年、そのころ経済恐慌で人心の荒れすさんでいたアメリカ社会、特にシカゴの状態を憂えた、青年弁護士ポールP.ハリスが、3人の友人と語らって、2月23日、第1回の会合を開いたのが、ロータリークラブの誕生であります。
ロータリーとは、会員が持ち回りで順番に、集会を各自の事務所で開いたことから名付けられました。このクラブは着実に成長し、現在159の国家に広められ、クラブ数29,113、会員総数は、1,201,595人 (1998年6月30日RI公式発表)に達しています。これらクラブをメンバーとして国際ロータリーが構成されています。

日本のロータリー

わが国のロータリークラブは1920年(大正9)10月20日、当時、三井銀行の重役であった米山梅吉氏が、初めて東京にこれを創立し、翌10年4月1日、世界で855番目のクラブとして加盟承認されました。
その後第2次世界大戦の結果、一時国際ロータリーから脱退するのやむなきに至ったこともありましたが、その間もよくロータリーの精神を堅持して会合に努め、その神髄と組織を維持し、戦後国際ロータリーに復帰するや、ますます発展、現在では北は北海道、南は沖縄まで、クラブ数2,260、会員数126,272人(8月末)に達し、なおすべての都市、すべての町にその理想の翼を広げる努力を続けております。
会員は地域内の理想にもえる堅実な実業家、専門職業人の中から定款により、1業種1人を選び、週1回のクラブ例会出席によって、各種職域人の交友を通じて地域社会へのより多くの奉仕の機会を得ようとはかっております。

ロータリーの綱領

ロータリーの綱領は,有益な事業の基礎として,奉仕の理想を鼓吹し,これを育成し,特に次の各項を鼓吹,育成するにある。

第1
奉仕の機会として知り合いを拡めること
第2
実業及び専門職業の遣徳的水準奪高めること
あらゆる有用な職業は尊重されるべきであるという認識を深めること
そしてロータリアン各自が,職業を通じて社会に奉仕するために,その職業を品位あらしめること
第3
ロータリアンすべてが,その個人生活,職業生活
及び社会生活に常に奉仕の理想を適用すること
第4
奉仕の理想に結ばれた実業人と専門職業人の世界的親交によって,国際間の理解と親善と平和を推進すること。

ロ一タリーの誕生とその成長

「世界中のあらゆる町に、ロータリー・クラブを設立できたら、私は世界平和を保証できます。」これは、ポール・ハリスの言葉でしょうか? あるいはRI初代事務総長チェスリー・ペリーの言葉でしょうか?いいえ、これは1920年代の米国大統領カルビン・クーリッジが語った言葉です。
「私は友人のアインシュタインと共に人類の将来を憂慮しつつ生きてきました。アインシュタインは私の永年にわたる友人で、偉大なる運動を待ち望んでいたことを私はよく知っています。そして、今、この運動が、皆様の連合体であるロータリーやその他に結実したのです・・・・」
この言葉は、ノーベル平和賞受賞者であり、医師であり、そしてロータリアンであった、アルバート・シュバイツアー博士が、 1960年にロータリアン誌に書かれた言葉です。
ロータリーは多くの人道的団体の基礎を作りました。
1920年には、エドガー”ダディー”アレンや米国のロータリアンが、オハイオ身障者協会を創設し、2年後、身体障害児童保護協会になり、現在はリハビリテーション・インターナショナルとして知られています。
UNESCO(国連教育科学文化機関)は、1942年の英国ロンドンで開催されたロータリー大会からうまれたものです。
第2次対戦中の広範囲にわたる荒廃にもかかわらず、ロータリーは、国際規模の教育と文化交流を探る大会を召集しました。

例会のご案内

例会日時 12時30分~13時30分 毎月第一、第三木曜日